経営お役立ち情報

「人手不足対応アドバイザー」を全国のよろず支援拠点に配置
( 2018.7.15)

▼概要
製造業、サービス業などあらゆる業種で人手不足感が強まっており、特に中小企業・小規模事業者においては、人手不足が経営の不安要素の上位にあげられる深刻な課題となっていることから、全国47都道府県に設置している、よろず支援拠点において、労務管理、業務見直し等による生産性向上、職場環境の改善などの相談に応じる相談員「人手不足対応アドバイザー」を配置しました。
また、特に専門分野ごとの人手不足対応に精通した相談員を「人手不足対応広域アドバイザー」として選定し、それぞれの地域では対応が困難な相談内容について、地域を越えてテレビ電話システムや出張を通じて対応にあたります。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

訪日外国人おもてなしマニュアルと簡単な会話集
( 2018.7.15)

▼概要
東京オリンピックも毎日のように話題になり、それに伴って訪日外国人も増えていますが、その行先は東京だけに留まらず全国に広がっています。小規模店舗にも外国人が立ち寄る可能性がありますから、簡単な応接ポイントを押さえておくことは大事です。
本マニュアルでは、外国人観光客の国別の特徴や宗教上食べられないものなど基本的な事柄を紹介しています。

▼詳細
「足利商工会議所」
詳しくはこちらへ

平成30年分の路線価図等の公開
( 2018.7.15)

▼概要
路線価とは 相続税や贈与税の計算をする時に使うものです。現預金や有価証券等の価値は分かりやすいですが、土地の時価を計算するのは大変です。そこで国は道路に路線価という価格をつけ、これに土地の面積を掛けて土地の相続の評価にしました。
このたび、平成30年分の路線価が公開されました。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


軽減税率対策補助金
( 2018.7.1)

▼概要
軽減税率対策補助金は消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。

▼詳細
「軽減税率対策補助金事務局」
詳しくはこちらへ

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)2次募集
( 2018.7.1)

▼概要
本事業は、ITツール(ソフトウエア、ITサービス等)のサービスを導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的としています。補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になりますので、申請書類作成での不安がある方でも大丈夫です。

▼詳細
「サービス等生産性向上IT導入支援事業」
詳しくはこちらへ

事業承継補助金(2次公募)
( 2018.7.1)

▼概要
中小企業庁では平成29年度補正予算「事業承継補助金(事業再編・事業統合支援型)および、(継者承継支援型〜経営者交代タイプ〜(2次公募))」の実施にあたり、事前予告を行います。
この事業は、「事業再編・事業統合支援型」は事業再編、事業統合を契機として経営革新等や事業転換を行う中小企業者に対して、その新たな取組に要する経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


下請中小企業・自立化基盤構築事業(補助金)2次募集
( 2018.6.15)

▼概要
本事業は、2者以上の特定下請事業者が連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して新たな事業活動を行うことにより、特定親事業者以外の者との下請取引等を開始又は拡大し、当該特定下請事業者のそれぞれの事業活動において特定下請取引の依存の状態の改善を図る取組を支援することにより、下請中小企業の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業(補助金)2次募集
( 2018.6.15)

▼概要
本事業は、親事業者の生産拠点が閉鎖・縮小された、又は閉鎖・縮小が予定されている影響により売上げが減少する下請小規模事業者等が、新分野の需要を開拓するために実施する事業の費用を一部補助することにより、取引先の多様化を図り、下請小規模事業者等の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

ものづくり白書(2018版)
( 2018.6.15)

▼概要
「ものづくり白書」は、「ものづくり基盤技術振興基本法」第8条に基づき、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策を取りまとめたものです。
この白書は、経済産業省、厚生労働省、文部科学省が連携して作成しています。

第1章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望
 第1節 我が国製造業の足下の状況
 第2節 人手不足が進む中での生産性向上の実現に向け、「現場力」を再構築する「経営力」の重要性
 第3節 価値創出に向けたConnected Industriesの推進
第2章 ものづくり人材の確保と育成
 第1節 労働生産性の向上に向けた人材育成の取組と課題
 第2節 人材育成に向けた取組
第3章 ものづくりの基盤を支える教育・研究開発
 第1節 Society 5.0の実現に向けた教育・ものづくり人材の育成
 第2節 ものづくり人材を育む教育・文化基盤の充実
 第3節 Society 5.0を実現するための研究開発の推進

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


平成30年度 発明研究奨励金
( 2018.6.1)

▼概要
益財団法人日本発明振興協会は、科学技術の振興、産業の発展に資する中小企業及び発明研究者の発明考案を奨励する目的をもって、発明研究奨励金を交付して、その発明考案の実施化を援助します。

▼詳細
「公益財団法人 日本発明振興協会」
詳しくはこちらへ

初心者向け「知的財産権制度説明会」 全国で開催
( 2018.6.1)

▼概要
知的財産権の基礎知識などについて、初心者にも分かりやすく説明する「知的財産権制度説明会(初心者向け)」を6月より全国で開催します。

▼詳細
「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」
詳しくはこちらへ

高度外国人材活躍企業50社
( 2018.6.1)

▼概要
高度外国人材が活躍することで得られるメリットを、
「事業の海外展開・新規顧客の獲得」
「外国人材目線での商品開発・サービス提供」
「新たなビジネスモデル構築」
「社員の意識変革」
の4つの目線で整理し、該当する事例を紹介しています。

また、国内外の大学を訪問してのネットワーク構築、インターンの積極的な受入れなどを通じた外国人材の採用、キャリアパスの明確化や社内研修の充実化等、採用後の定着に向けた多様な取り組みも紹介しています。


▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

事業承継税制が大きく変わっています
( 2018.5.15)

▼概要
事業承継税制は、後継者である受贈者・相続人等が、円滑化法の認定を受けている非上場会社の株式等を贈与又は相続等により取得した場合において、その非上場株式等に係る贈与税・相続税について、一定の要件のもと、その納税を猶予し、後継者の死亡等により、納税が猶予されている贈与税・相続税の納付が免除される制度です。
平成30年度税制改正では、この事業承継税制について、これまでの措置に加え、10年間の措置として、納税猶予の対象となる非上場株式等の制限(総株式数の3分の2まで)の撤廃や、納税猶予割合の引上げ(80%から100%)等がされた特例措置が創設されました。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

「小売業の多言語対応」プラットフォームサイト
( 2018.5.15)

▼概要
2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会が発足し、外国人観光客の基本的ニーズである“交通”、“道路”、“観光・サービス(飲食・宿泊)”分野の多言語対応強化を進めてきました。
小売分野においても、外国人観光客の買い物消費額及び旅行消費額に占める割合がここ数年で拡大しており多言語対応の取組を官民連携して推進する必要があり同協議会の下で小売プロジェクトチームが発足しました。
当サイトは小売プロジェクトチームの活動だけでなく、業界全体の知見を集約したプラットフォームとして活用いただけます。

▼詳細
「多言語対応協議会小売プロジェクトチーム事務局」
詳しくはこちらへ

中小企業白書・小規模企業白書 2018年版
( 2018.5.15)

▼概要
第1部では、最近の中小企業の動向について、中小企業の経常利益は過去最高水準にあり、景況感も改善傾向であること等を示しました。また、中小企業の労働生産性や経営の在り方等について分析を行いました。
第2部では、人手不足の現状を分析した上で、中小企業の生産性向上に向けた取組について分析を行いました。具体的には、業務プロセスの見直し、人材活用面の工夫、IT利活用、設備投資、M&Aを中心とする事業再編・統合について取り上げています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


事業承継補助金
( 2018.5.1)

▼概要
事業承継をきっかけとした、中小企業による経営革新や事業転換への挑戦を応援するため、平成29年度に引き続き「事業承継補助金」を実施します。
本補助金は、(1)地域経済に貢献する中小企業者等による、(2)事業承継(事業再編・事業統合を除く)をきっかけとした、(3)経営革新や事業転換などの新しい取組を支援する補助金です。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

無料! 節電診断・省エネ診断・講師派遣
( 2018.5.1)

▼概要
一般財団法人 省エネルギーセンターでは、中小企業の省エネや節電等に関する取組みを促すことを目的として、地域や業種などの特性や省エネ等に関する課題、ニーズに対して、皆さまの実情に合わせた支援を行うために3つの無料サービスを提供しています。
(1) 無料 省エネ診断
  電力や燃料・熱などの総合的な省エネ行動をサポートする診断サービスです。
(2) 無料 節電診断
  ビルや工場等のピーク電力削減など「節電行動をサポートする」診断サービスです。
(3) 無料 講師派遣
  省エネルギーや節電をテーマに含む「省エネ・節電説明会」に無料で講師を派遣するサービスです。

▼詳細
「一般財団法人 省エネルギーセンター」
詳しくはこちらへ

中小企業等特許情報分析活用支援事業
( 2018.5.1)

▼概要
中小企業等にとって費用負担が大きい特許情報分析を専門の調査会社がサポートします。

(1) 研究開発の方向性決定
中小企業等が研究開発の方向性を決めるため、過去の存在技術から、自社の技術レベルを把握するとともに、技術変化を予測し、今後開発すべき技術を探るための特許情報分析の提供。
(2) 無駄な研究、重複研究回避
中小企業等の研究開発への投資を無駄にしないため、他者の技術開発の動向を把握することで、重複研究の回避、他社からの技術導入及び共同研究の可能性検討を実現する特許情報分析の実施。
(3) 発明の手がかり発見を通じた新事業展開の可能性判断
他者未参入の技術分野、他社技術の代替となる技術の検討等、中小企業等が発明の手がかりを発見するために、従来の特許技術の分析。
▼詳細
「一般社団法人発明推進協会」
詳しくはこちらへ

地域・まちなか商業活性化支援事業(地域商業自立促進事業)(補助金)
( 2018.4.15)

▼概要
本事業は、商店街等を基盤として、地域経済の持続的発展を図るため、地域住民等のニーズや当該商店街を取り巻く外部環境の変化を踏まえ、地方公共団体と密接な連携を図り、商店街組織が単独で、または商店街組織がまちづくり会社等の民間企業や特定非営利活動法人等と連携して行う6つの分野
(1) 少子・高齢化
(2) 地域交流
(3) 新陳代謝
(4) 構造改善
(5) 外国人対応
(6) 地域資源活用
に係る公共性の高い取組を支援します。
▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

戦略的基盤技術高度化支援事業(補助金)
( 2018.4.15)

▼概要
本事業は、情報処理、精密加工等の12技術分野の向上につながる研究開発、その試作等の取組を支援することを目的とします。
特に、中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化につながる可能性の高い研究開発およびその成果の販路開拓への取組を一貫して支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

平成30年度税制改正に関する中小企業向けパンフレット
( 2018.4.15)

▼概要
平成30年度の税制改正においては、事業承継税制が抜本的に拡充されたほか、新規設備投資の固定資産税が3年間最大ゼロとなる特例が創設されるなど、中小企業の企業活動を幅広く支援する税制が措置されております。
改正の概要や措置の内容、適用要件等について、中小企業・小規模事業者の方々向けに分かりやすく解説したパンフレットが作成されました。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


小規模事業者持続化補助金
( 2018.4.1)

▼概要
小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助します。

補助対象となる取組例
(1) 新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布
(2) 店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。)
(3) ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言
(4) 新たにPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する

▼詳細
「日本商工会議所」
詳しくはこちらへ

海外ビジネス戦略推進支援事業(補助金)
( 2018.4.1)

▼概要
中小企業の海外での販路開拓や海外拠点設立のため、海外ビジネスの専門家が支援して、一緒に海外戦略を検討するとともに、補助金により海外調査や外国語WEBサイトの作成等を支援します。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)
( 2018.4.1)

▼概要
本補助金は、複数の中小企業等が連携して、優れた素材や技術等を活かし、その魅力をさらに高め、世界に通用するブランド力の確立を目指す取組みに要する経費の一部を補助することにより、地域中小企業の海外販路の拡大を図るとともに、地域経済の活性化および地域中小企業の振興に寄与することを目的とします。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


商業・サービス競争力強化連携支援事業(補助金)
( 2018.3.15)

▼概要
この事業は、中小企業者が産学官で連携し、また異業種分野の事業者との連携を通じて行う新しいサービスモデルの開発等のうち、サービス産業の競争力強化に資すると認められる取組を支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金
( 2018.3.15)

▼概要
本補助金は、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援することを目的とします。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

「地域団体商標ガイドブック2018」
( 2018.3.15)

▼概要
「地域団体商標制度」とは、例えば「大間まぐろ」「米沢牛」「下呂温泉」のような、地域名と商品・役務名を組み合わせた商標です。
この制度は平成18年4月に導入され、登録主体はこれまで事業協同組合等の特別の法律により設立された組合に限られていましたが、平成26年8月から、商工会、商工会議所、特定非営利活動法人も、地域団体商標の出願ができるようになっています。
本ガイドブックは、制度の概要、Q&A、活用事例、特許庁の支援策を掲載する他、現在登録されている地域団体商標も紹介しています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


下請中小企業自立化基盤構築事業(補助金)
( 2018.3.1)

▼概要
本事業は、2者以上の特定下請事業者が連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して新たな事業活動を行うことにより、特定親事業者以外の者との下請取引を開始又は拡大し、当該特定下請事業者のそれぞれの事業活動において特定下請取引の依存の状態の改善を図る取組を支援することにより、下請中小企業の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

中小企業活路開拓調査・実現化事業(補助金)
( 2018.3.1)

▼概要
本事業は、親事業者の生産拠点が閉鎖・縮小された、又は閉鎖・縮小が予定されている影響により売上げが減少する下請小規模事業者等が、新分野の需要を開拓するために実施する事業の費用を一部補助することにより、取引先の多様化を図り、下請小規模事業者等の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

越境EC
( 2018.3.1)

▼概要
以前は、海外に商品を直接販売するためには、現地に店舗を構える必要がありました。そのため多額の資金や人員などを準備できる会社でなければ、海外進出を果たすことは困難でした。
しかし、現在はネットショップによって、費用や手間を抑え、日本に居ながら世界に向けて販売を行うことが可能になりました。また、ネットショップによる国際的な取引は、世界的に右肩上がりに伸びています。
中小機構では越境EC(海外向けのインターネット販売)について紹介しています。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


ふるさと名物応援事業補助金(農商工等連携事業)
( 2018.2.15)

▼概要
「ふるさと名物応援事業補助金(農商工等連携事業)」は、中小企業者と農林漁業者とが有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して行う事業活動を促進することにより、中小企業の経営の向上および農林漁業経営の改善を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを目的としたものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

ふるさと名物応援事業補助金
(地域産業資源活用事業、小売業者等連携支援事業)
( 2018.2.15)

▼概要
「ふるさと名物応援事業補助金(地域産業資源活用事業、小売業者等連携支援事業)」は、地域経済の活性化および地域中小企業の振興のため、地域資源を活用した新商品・新サービスの開発や販路開拓に意欲的に取り組む中小企業等を支援するものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

まちなか商業活性化支援事業費補助金(中心市街地再興戦略事業)
( 2018.2.15)

▼概要
地域・まちなか商業活性化支援事業(中心市街地再興戦略事業)は、中心市街地の活性化に資する調査、先導的・実証的な商業施設等の整備及び専門人材の招聘に対して重点的支援を行うことにより、まちなかの商機能の活性化・維持を図り、市町村が目指す「コンパクトでにぎわいあふれるまちづくり」を推進するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


「確定申告」 ネットで自動計算
( 2018.2.1)

▼概要
確定申告の時期が近づいてきました。ほとんどの給与所得者は、年末調整で所得税が精算されるため確定申告をする必要はありません。
しかし、給与所得者でも確定申告が必要な場合や、確定申告をすると源泉徴収された所得税が還付される場合があります。

給与所得者で確定申告が必要な方

  1. 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  2. 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える方
  3. 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方
  4. 公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額がある方(ただし、公的年金等の収入金額が400万円以下である場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告は必要ありません。)
  5. 外国企業からの退職金など、源泉徴収されない退職所得がある方 等

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

中小企業活路開拓調査・実現化事業(補助金)
( 2018.2.1)

▼概要
「中小企業活路開拓調査・実現化事業」は、環境変化等に対応するため、単独では解決困難な諸テーマ(新たな活路開拓・付加価値の創造、既存事業分野の活力向上・新陳代謝、取引力の強化、情報化の促進、技術・技能の継承、海外展開戦略、各種リスク対策等)について、中小企業連携グループが改善・解決を目指すプロジェクトを支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

地域文化資源活用空間創出事業(補助金)
( 2018.2.1)

▼概要
「地域文化資源活用空間創出事業(商店街支援事業)」は、歴史的建造物群を中心としたまちなみ整備や、文化イベントを契機とした地域の活性化、名所・観光地・食文化等、地域文化資源と連携した空間創出によって、にぎわいを創出し、外国人観光客等を増加させるとともに、これらと連携した商店街の活性化を支援する事業です。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


お問合せ電話
お問合せ電話

お役立ち情報

連絡先

社会保険労務士・行政書士
河越事務所

〒920-0276
石川県河北郡内灘町緑台2丁目138
TEL 076-238-3832
FAX 076-238-1711

お問い合わせはこちら